読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Digit!

日常で起こる様々な現象に、ツッコんだりボケたりするブログ。

最近ハマっている『マストドン』の話。

最近はまっているもの、それは「マストドン」。ポセイドンでも、壁ドンでもありません、マストドンです。

 

たくさんのサーバーに分かれているTwitterライクなSNSで、Twitterが黒板とするならば、マストドンは机の落書きのようなもの。生徒全員には見られないけど、机に近づいた人は眺めることができます。…なんか逆に分かりづれえな。LINEのグループトークみたいなものって言った方が分かりやすいか。

 

サーバーのことは「インスタンス」と呼ばれていて、Pixivが運営しているインスタンスや、奈良県民が集まるインスタンスなど、個別のコミュニティが作られています。共通の趣味の仲間が集まれるのが、面白いところ。

 

マストドンのデメリットを挙げるとするならば、その複数のインスタンスにそれぞれアカウントを作らなくてはいけない所かなぁ。アカウントを登録する作業は別に苦でないのですが、インスタンス間を行き来するのがちょっと面倒……。マルチアカウント対応のアプリとか出てくれると嬉しいですね。今出ているアプリは、iOSだと『Amaroq』、Androidだと『Tusky』。さきほど『Pawoo』がリリースされましたが、どれもシングルアカウントだからなぁ。早く良いアプリ出てきてくれ!

 

もしマストドンやってる人がいたら、フォローしてくださいな。検索欄に「@mosu64@mstdn.jp」を入力する、もしくはhttps://mstdn.jp/@mosu64からリモートフォローしてもらえれば大丈夫です。

 

 

 

 

新作落語『お見合いパーティー』

 カップルが別れるとき、未練がましいのは大体『男』でございますね。昔の彼女の写真をいつまでも残しておいたり、携帯電話のアドレス帳から消せなかったりと、女々しいのが男の特徴でございます。それと比べると、女性は別れ際がサッパリとしておりますね。別れる直前はメソメソと泣いていたのに、別れて数日たつとコロッと男のことなんか忘れてしまいます。男からすると寂しいもんですね。

 

 カップルだけでなくて、熟年夫婦が死別するときも同じでございます。妻が亡くなると、残された男性は魂が抜けたようにぼーっとなる。こりゃ、どっちが成仏したのかよく分かりませんな。このお話もまた、妻を失くした哀しき男の話でございます。

 


息子の妻(以後、妻)「あなた、ちょっと相談があるんだけど。」
息子「どうした?」
妻「お義父さんのことなんだけど……先々月、お母さんが亡くなってから、ずっと縁側でぼーっと外を眺めているのね。あたし、ちょっと心配だわ。」
息子「確かになぁ。」
妻「この前なんて、庭に迷い込んだ野良猫に向かって『エミ子、エミ子…』ってお母さんの名前をつぶやいていたのよ?」
息子「それは、ちょっと重症だなぁ。そうだ、この前チラシで80歳以上限定のお見合いパーティーの案内が来ていたはずだ。気分を入れ替えるためにも行ってみたらどうだろうか?」
妻「へぇー、80歳以上限定のパーティーなんてあるのね。初めて聞いたわ」
息子「高齢化社会と言われているからな。需要があるんだろう。」
妻「気分転換には良いかも知れないわね。行ってみるかお義父さんに聞いてみたら?」

 

息子「なぁ、親父。ちょっといいかな。」
父「おお、エミ子か……!?」
息子「馬鹿!俺だよ!息子と母親間違えるんじゃないよ。」
父「すまんすまん、どうした?」
息子「最近親父ずっとふさぎ込んでいるだろ?気分を変えるためにもお見合いパーティーなんてどうかなぁ」
父「お見合いパーティーは若い人が行くところじゃないか、ジジイが行っても見向きされないだろう。」
息子「いやいや、80歳以上限定のお見合いパーティーらしいんだよ。親父にピッタリじゃねぇか。」
父「80歳以上限定!?そんなのヨボヨボ婆さんしか来ないだろ。」
息子「83歳のヨボヨボジジイが何言ってるんだよ。まぁ、遊びだと思って行ってみなよ。」

 

 

(お見合い会場に父が一人でやって来る)
スタッフ「えー、本日は『80歳以上限定 ドキっ!シニアだらけのお見合いパーティー』にお越しいただき誠にありがとうございます。わたくし、当スタッフの関口でございます。そちらのお父様は、当パーティーは初めてでございますね?」
父「ああ、そうだな。結構人数が集まっているんだな、驚いたよ。」
スタッフ「今はシニア世代でも独り身の方が多いですからね。」
父「そういうもんかね。」
スタッフ「また、当パーティーは、お客様の体調を考慮してサポートは万全でございます。医者2名、看護師5名の医療スタッフがひかえておりますので。めまい、動悸、心不全、恋の病、何でもござれでございます。」
父「恋の病なんて、医者が治せるのかねぇ」
スタッフ「まずは、お手元にありますプロフィールカードにお名前・年齢・特技・年収をお書きください。」
父「はいはい、これね。ここに記入すればいいんだな?えーと、まずは名前からだな。名前は『面接 トオル』。」
スタッフ「履歴書の見本みたいな名前ですね。」
父「うるせぇな。年齢は83歳っと。」
スタッフ「え、83歳なんですか?お若いですねー。」
父「お、そうかい?嬉しいねぇ、何歳に見えるかい?」
スタッフ「えーと、81歳くらいですかね。」
父「ほぼ誤差の範囲内じゃねぇかよ。つぎは特技か。ゲートボールとかでもいいのか?」
スタッフ「もちろんでございます。」
父「こう見えても、ゲートボールの腕前には自信があってね。地域の大会じゃ負け無しだよ?森下町の石川遼って言われてるくらいだよ。」
スタッフ「それは素晴らしい特技でございますね。この前、別のお客様に桜木町のタイガーウッズという方がいらっしゃいましてね。」
父「そいつはさぞかしゲートボールの腕がいいんだろな。」
スタッフ「いえいえ、ただの浮気性なだけです。」
父「なんだいそりゃ。えーと、最後は年収か。ん?80歳以上限定なら、年収を書く欄はあんまり意味がないんじゃねぇか?」
スタッフ「あ、それは年金収入の略でございます。」
父「ややこしいな。えー、月18万円っと。ほれ、書いたぞ。」
スタッフ「ありがとうございます。それではまもなく、お待ちかねのトークタイムがございます。女性陣が座っている所に、男性陣が回っていき、さきほど書いたプロフィールカードを見ながらご歓談くださいませ。ただし一人3分という制限時間がありますのでご注意ください。」

親父「なるほどワシらが回転寿司みてぇに回っていけばいいって寸法だな。しかし3分って短すぎやし

ないか。お年寄りをそんなに急かせるんじゃないよ。おっと、そろそろ始まるみてぇだな。」

 

女性A「ナンバー1番、ツルでございます。」

父「ほぉ、ツルさんね。縁起の良い名前ですな。好きな食べ物とかはありますか?」
女性A「すきな食べ物は、柔らかいものでございます。」
父「柔らかいもの?漠然としてますなぁ。」
女性A「あたくし、歯が悪いもので。硬いものはなかなか噛めないんですの。」
父「私も歯は悪くてねぇ、入れ歯にしているんですよ。」
女性A「あら、そうでしたの。実は私も入れ歯ですのよ。大学病院で特注で作ってもらったので、とっても口にフィットしますの。よろしければ、あなたも着けてみます?」
父「いやいや、お気になさらず。本当に!お気になさらず!入れ歯をパカパカさせるんじゃないよ!気持ち悪りぃババアだな〜。
おいスタッフ、まだ3分たってないの?急げよ。こちとら江戸っ子だから待たせるんじゃねぇよ!ふぅ、ようやく交代か。一人目からアレはたまったもんじゃねぇな。」

 

女性B「ナンバー2番、お富でございます。」
父「はいはい、お富さんね。私の名前は『面接トオル』です。」
女性B「え?」
父「あぁ、ちょっと珍しい名前ですみませんね。『面・接・と・お・る』です。」
女性B「え?」
父「あっ、まさかこのババア耳が悪いんじゃないか?あープロフィールカードにも大きめの声で話してくださいって書いてるよ。」
父(ちょっと大きめの声で)「年は取りたくないものですねー。耳が悪いと生活も大変でしょー?」
女性B「え?」
父「こりゃ重症だな。しかし、年の割に肌ツヤはいいんだよなぁ。」
女性B「そうでしょ?」
父「自分に良いことだけ聞こえてやがる、嫌なババアだねぇ。これじゃ会話にならないだろ、次だ次っ!」

 

女性C「ナンバー3番、石原でございます。」
父「石原さんね。あれ、プロフィールにも書いてないんですが、下の名前は何ていうんですか?」
女性C「それが物忘れが激しくて、名前が思い出せないんですの。この前だってテレビを見ていたら、芸能人の名前がパッと出てこないのよ。坂井真紀、酒井美紀水野真紀水野美紀なんてややこしいから、一つの名前にまとめちゃえばいいのにねぇ。」
父「そんな簡単なもんじゃねぇだろ。いや、芸能人の名前が出てこないのはわかるが、自分の名前を思い出せないのは初めて聞いたぞ?」
女性C「あっ、今思い出しました!」
父「おぉ、何ていうんだい?」
女性C「『さとみ』です。」
父「石原さとみねぇ……疑っているわけじゃなぇけどよぉ。どちらかというと良純(よしずみ)に近いけどな。」
女性C「まぁ失礼ね!突然の落雷のあと、ゲリラ号泣にご注意ください。」
父「やっぱり良純じゃねぇかよ。はい、次!」

 

女性D「エントリー4番、エミ子と申します」
父「えっ、あんたエミ子っていうのかい?うちの前のカカアも、エミ子って名前だったんだよ。」
女性D「えっ、珍しいこともあるんですね。聞きづらいことなのですが、前の奥様ということは、お別れになったのでしょうか?」
父「実はですね。2ヶ月前にカカアが亡くなりまして、それで独り身になっていたんです。ちょっと恥ずかしいんですが、おれはカカアがいないと何もできない男でしてね。胸に穴がぽっかりと空いたような気分で、ぼーっとしていたんですよ。」
女性D「実を申しますと、わたくしも夫を半年前に亡くしまして……。息子に第2の人生を歩んでくれって言われて、重い腰をあげてきたのでございます。」
父「なんだか似たような境遇ですな。そういえばエミ子さん、名前だけでなくて顔つきもどことなくカカアに似ていますね。目もある、鼻もある、口もある!」
女性D「面白い方ですのね。」
父「へへへ。(スタッフに呼ばれるので、肩を払う仕草)えっ、もう3分経った?馬鹿野郎。おめぇは江戸っ子かよ、もうちょっとだけ待てって!エミ子さん、こうやって出会えたのも何かの縁。またお茶にでも行きましょうね! ……あぁ、良い人に出会えたなぁ。こんなドキドキしたのは、いつ以来だろう。ああ、胸が熱い!医者を呼んでくれ!」
医者「どうしました?」
父「胸がズキズキしてるんだ、恋の病にかかったみてぇだ。なぁ、何でも治してくれるんだろ?」
医者「申し訳ございません。この症状は我々の手でも治せないんです。」
父「そんな殺生な!このまま胸が苦しいまま生活しないといけないのか?これじゃあ、お先真っ暗だよ!」
医者「そらそうでしょう患者様、恋は盲目でございます。」

備忘録

最近、落語の脚本を書くセミナーに行ってるんですが、これがなかなか面白い。現役の落語家さんが教師として教えてくれるので、非常に為になるものがある。

 

イデアを考えるのに便利なのが

「登場人物×ロケーション」

を組み合わせる方法。まずは、登場人物を考える。お相撲さん・警察・スパイ・老人・子供なんでもOK。その次に、ロケーション。墓場・空港・スナック・ゴルフ場……思いつくだけ考えよう。あとはそれを自由に組み合わせるだけ。「お相撲さんが空港にいるとどうなるか」「警察がスナックに入り浸るとどうなるか」などなど、アイデアが無数に湧いてくる。

 

いま僕が書いているのが、老人×お見合いパーティーの話。妻を亡くしたご老人が、80歳以上限定のお見合いパーティーに行くというバカバカしい内容だ。まだサゲが甘いので、もうちょっと練らないといけないなぁ。

路肩に革靴が置かれていた話。

日常の中にある「非日常」に、凄く心をひかれてしまう。今日も上野をぶらぶらと歩いていたら、道路の路肩にキレイな革靴が並べて置かれていた。

 

ビルの屋上だったら違和感はないが、道路に革靴が置かれているのは奇妙だ。道路に血痕は無く、救急車も来ていない。自殺の線はないだろう。

近くに靴屋が無いか見回してみたが、目の前は居酒屋。靴屋の商品が転がっていたわけでも無さそうだ。

 

こういった非日常を見てしまうと、つい妄想してしまう。もしかすると、この革靴にはこんなストーリーがあったのではないかと…

 

 

アメリカ、ペンシルベニア州に住んでいるケビンは、昔から日本につよい憧れがあった。特に日本の風習に関心があり、食事のマナーや茶道の作法など、初めて見たときは衝撃を受けた。ずっと日本に行きたいと思っていたが、なかなか行く機会が無かった…それがつい先週、会社の出張で日本に行くことが決まったのだ。

 

初めての日本はやはり衝撃だった。見るのもすべてが新鮮だ。特に驚いたのが、家に入る時に靴を脱ぐ風習。昔から知っていたのが、まさか居酒屋でも脱ぐとは知らなかった。木でできたセキュリティカードで靴を管理する…仕組みはどうなっているのかは分からないが、日本の技術力は凄いな。

 

食事を終えてからタクシーを呼び、ホテルに戻ることにした。タクシーが目の前に止まり、いざ乗ろうとするケビン。

「あっ、靴を脱がなくちゃ」

ポツンと置かれた革靴を残し、タクシーは発車してしまったとさ。

 

……んなわけねぇか。

新作落語『完全犯罪』

落語の脚本書いたので、ブログにアップしておきます。まだ、書き立てで推敲できてないので、お見苦しいところもあるかも。感想とかあればコメントしてもらえるとありがたいです。

 

 『完全犯罪』

 

 完全犯罪とは、誰にも手口を知られずに終わる犯罪のこと。ちなみに皆さんご存知とは思いますが、あの三億円事件も完全犯罪の一つらしいです。皆さんご存知の時点で、もはや完全犯罪じゃない気もしますが……。
今から話すのは、そんな完全犯罪にまつわる話でございます。

 

 

ある古いアパートに、完全犯罪を夢見る、新人コソ泥が二人。ガタイは良くて裏社会では一目を置かれている「吾郎」と、その弟分の「鉄」。二人は薄明かりの部屋の中で、完全犯罪の計画を企てていた。

吾「おい、鉄。前々から話していた完全犯罪の件だけどよぉ。今日の夜に決行しようと思う。」

鉄「兄貴!ついに計画を思いついたんですね!それで、あっしは何をすれば?」
吾「まずはだな……毛を剃ってもらおうか。」
鉄「毛!?毛ってあの毛ですか?」
吾「他に何がある?」
鉄「どうして、毛を剃らなくちゃいけないんですか!出家する気ですか?それとも、僕を出荷する気ですか!?」
吾「いや、ニワトリじゃないんだから……。あのな。髪の毛一本からでも、DNA鑑定で身元がバレちまう時代だ。そこで全身の毛を剃っておかなくては、完全犯罪ができねぇんだ。」
鉄「なるほどなぁ。えっ、全身ってことは髪の毛も脇毛も下の毛もですか?」
吾「もちろんだ。眉毛もまつげも鼻毛も一本残らずだ。」
鉄「災難だなぁ。」
吾「あとな、犯行時はコレを着てもらう。」
鉄が服を受け取る
鉄「これって全身タイツですか?」
吾「ああ、指紋がついてもいけないから、念には念を押して全身タイツを着ておこう」
鉄「理由は分かりますが、どうして真っ白のタイツなんですか?こういうのって黒が相場だと思うのですが。」
吾「いや、俺も最初は黒のタイツを買おうとしたんだけどな。黒は売り切れだったんだよ。おそらくだが、他の同業者も同じこと考えているんだろうな。すると、店員が白いタイツを持ってやってきて、『お客様は目鼻立ちがすっきりとしているので、白がお似合いですよ』って言うもんだから、『おお、そうかい?』って言って買ってしまったよ」
鉄(聞こえないようにこっそりと)「まんまと騙されてるじゃないか、全身タイツに似合う似合わないなんてないだろ……店員の方が犯罪に向いてるんじゃないか?また、黒と白じゃ真逆だよ。これじゃ逆に目立つような気がするなぁ」
ブツブツ言いながら鉄が白のタイツを着る
吾「おお、似合ってるじゃねぇか!バラエティ番組の若手芸人みたいだな。」
鉄「ぜんぜん褒め言葉になってないですよ。あー恥ずかしいなぁ。真っ赤な顔で、白タイツだから、まるでマッチじゃないか。」
吾「マッチって近藤真彦か?」
鉄「近藤真彦がこんな格好するわけないでしょ!タバコで使う方ですよ!あぁ、顔から火が出そうだ。」
吾「なるほどマッチだけにな。」
鉄「変なこと言わないでくださいよ!」

 

 

その日の深夜2時、二人は前々から目をつけていた豪邸に向かう。昨日から1週間ほど軽井沢の別荘に行くことはリサーチ済みだ。

鉄「着きましたね兄貴。この後はどうすれば?」

吾「俺は玄関で出入り口の方を見張っておくから、その間にお前は家へ侵入して、金目のものを探してこい。」
鉄「…………えっ、それだけ?他に計画とかはないのですか?」
吾「ない!無いものはない!」
鉄「これだったら今までの手口と変わんねぇすよ。変わったことといえば、毛という毛を剃って、全身白タイツを着ていることくらい。これじゃあ完全犯罪じゃなくて完全変態じゃないか。」
吾郎は鉄の肩をポンポンと叩く
吾「お前は俺が認めた、立派なコソ泥だ。胸を張っていけ!」
鉄「コソ泥なので、胸を張るもんじゃねぇと思うのですが……」
吾「さぁ、つべこべ言わずに行ってこい。ほれ!ほれ!」

 

すると鉄が家に侵入してから数分後、警報機がジリリリリとけたたましく鳴る。豪邸に住んでいるだけあってセキュリティは万全。留守中に泥棒が侵入したら、警備システムが作動するようにしていたのだ。窓という窓には鉄格子がかけられ、中からは開かないようにドアにはロックがかかってしまった。

鉄は必死にドアを開けようとするが開かない、ドンドンとドアを叩いて吾郎に知らせる。
鉄「兄貴!大変なことになっちまいました。ドアに鍵がかかって、中からは開きません!」
吾「いやはや、最近のセキュリティ技術というものは凄いな」
鉄「なに感動してるんですか!これじゃあ警備会社が来ちまいますよ!」
吾「分かった、何とかしてみる。」
タックルしたり蹴ったりしてみるが、ドアは頑丈でうんともすんとも言わない。吾郎はうなだれるようにしてドアノブに手をかける。すると、ガチャっと音がしてスーっとドアが開いた。
鉄「あ。」
吾「あ。」
二人は目を合わせて、数秒固まる。
吾「中からは開かないけど、外からは簡単に開くんだな。」
鉄「みたいですね。ここの主人バカですね〜。」
吾「おっと、警報機鳴っちまったから、早く逃げねぇと!今日のところは諦めるぞ」
吾郎は少し走ったが、鉄が付いてこない。振り向くと鉄が止まっている。
吾「何やってんだ、鉄!早くしねぇと捕まっちまうぞ。」
鉄「兄貴〜。さっきビックリしてこけたときに、足をくじいてしまったみたいだ……。俺のことはいいから、兄貴は逃げてくれ。」
吾「なにアクション映画のワンシーンみてぇなこと言ってんだ!ほら、おぶってやるから背中に乗れ。」
鉄は涙をふきながら、吾郎に背負ってもらう。
鉄「兄貴、ありがとう。俺、兄貴に一生ついていくよ。こんな不甲斐ない子分で申し訳ねぇ。重くねぇかい?男一人背負って逃げるのは大変でねぇかい?」
吾「馬鹿言ってんじゃねぇよ。ほら、しっかり掴まってねぇと落ちちまうぞ。足がついちまったらいけねぇや。」

『一汁一菜でよいという提案』おすすめの料理本。現代人の食を見直す一冊

最近、感銘を受けた本がある。土井善晴著の『一汁一菜でよいという提案』という本だ。

 

土井善晴先生といえば、NHKの料理番組で知っている人も多いのではないか。小気味好いトーンの関西弁と、素人にも分かりやすい調理法を教えてくれる、あの優しいオジちゃん。いや、料理研究家だ。

 

この本の面白いところが、よくあるレシピ本の類ではなく、ライフスタイル自体を提案している点。毎日ご飯を作っているひとは、献立を考えているのに悩んでいるのではないか? そんな悩める人に向けて、「一汁一菜(お味噌汁と漬物とご飯)」でも良いんだよ〜と、気持ちをラクにしてくれる内容だ。

 

たしかに、僕も自炊するときに、こだわってしまう節がある。大学時代はありあまるほど時間があったから、アクアパッツァみたいな小洒落た料理に挑戦していたが、アルバイトをしている今はほとんど自炊をしなくなっていた。だけど、確かに一汁一菜であればササっと作れるので、自炊も続きそうだ。「食事」は毎日に欠かせないもの。気楽に続けることがコツなのだろう。

 

Instagramで美味しそうな料理を作って「いいね!」を稼ぐ。悪いことではないが、毎日続けるには少し無理があるのではないか。普段の食事は”一汁一菜”で慎ましくしておいて、記念日などで手の込んだ料理を作る。これくらいが丁度いいのだと思うのです。

 

 

本屋の料理本コーナーに行ってみると、きらびやかな表紙のレシピ本に囲まれて、『一汁一菜でよいという提案』と筆で書かれたシンプルなこちらの本。ある意味アンチテーゼみたいで、目を引くものがありますね。本屋に行ったときは、ぜひ手にとってみてくださいな。

 

今の時代の「教養」って何なの?ふと思ったことアレコレ

今日ニュースを見ていたら、現在の心境を聞かれた石原のおじいさんが

「『天気晴朗なれど波高し』…君ら教養ないから分からんだろ」

と言っていた。

 

マスコミに教養がないことは否定はできないが、別に声に出してまで言わなくていいでしょ。知識をひけらかす老人は嫌いだなぁ。

 

 

ところで、今の時代の「教養」って何なのだろうか? 

昔は文献をひたすら読んで、知識を頭に詰め込み、それを反芻して身につける…それが教養だった。しかし今はどうだろう。現在は、ググったらすぐに情報が出てくる時代。もはや知識を頭に詰め込むのは、非効率で無駄なことなのかもしれない。

インターネットの情報の大海原で、必要な情報を取捨選択し、それを深く考える

これこそが今の教養の姿である気がする。