読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Digit!

日常で起こる様々な現象に、ツッコんだりボケたりするブログ。

カフェに荷物を預ける新サービス『ecbo cloak』を試してみた。

1月18日より、カフェやゲストハウスに荷物を一時預かりできるサービス『ecbo cloak』がスタートしたので利用してみました。今のところ預けられるのが、渋谷と浅草の2エリア。随時拡大していく予定らしい。

 

今回は、浅草は雷門の近くにある『カミナリカフェ』さんに行って、実際に荷物を預けてみました。

アカウント登録と予約の流れ

まず事前準備として、ecbo cloakのサイトでアカウントを登録しておきます。

https://cloak.ecbo.io/  ←サイトはここからどぞ。

名前やらクレジットカード情報やらを入力すればOK。

 

次に地図から、預けたいカフェやゲストハウスを選択します。

f:id:mosu64:20170122182319p:plain

シンプルなマップ画面。アイコンとかおしゃれっすな。

 

預け場所が決まったら、予約日時とバッグのサイズを選びます。バッグの大きさで、300円/1日と600円/1日の2プランに変わります。今回はリュックサックを預けるので、300円のプラン。一時預かりサービスにしては安めな価格設定ですね。

f:id:mosu64:20170122183426p:plain

予約が終わると、確認メールが届きました。当日予約でも大丈夫だったので、これは嬉しいポイントです。

 

お店での手続きのやり方

f:id:mosu64:20170122183757p:plain

やってきたのは浅草のカミナリカフェさん。カフェやパーティー、あとは外貨の両替などもやってくれる多目的なイベントスペースです。バッグを預けると、店員さんが端末でチェックインしてくれます。自動で料金が振り込まれるので、こちらの手間は一切かかりません。

※タグをつける代わりに、荷物の写真を撮ることで管理します。プライバシーがうんぬんいう人は注意。

 

観光し終わったら、再びお店に伺って、チェックアウト作業をすると完了です。

 

使ってみて思ったメリット・デメリット

メリット

  • コインロッカーだと満杯になっていることがあるが、予約制なので安心
  • 一日預けても300円(キャリーバックだと600円)と安い
  • 店員がチェックイン・アウト作業をしてくれるので楽ちん
  • 万が一荷物が故障した場合も、20万円までの保証が出る

デメリット

  • 対象エリアが渋谷・浅草とまだまだ少ない
  • まだ始まったばかりのサービスなので、店員さんも慣れていなかった

スタートして間もないサービスだから、しょうがないデメリットですよね……。今はまだWeb版のみのサービスですが、これからアプリ版も出るらしいので、これからの改善に期待です!

ちなみにですが、プロモーションコードを利用してアカウント登録すれば、初回の料金が無料になります。ぼくのコードを載せておくので、ぜひ活用してみてくださいな。↓

ecboclock-0hAC5jlL 

 

カミナリカフェさんのURLはこちら。居心地のいいラウンジスペースでした。

http://kaminaricafe.com/